ノウハウ、何を、どこで。 質問に対するすべての答え

SCHOTT CERAN®がお客様に最高の品質と特別な調理体験、そして包括的なサービスを提供することは私たちにとって重要です。 ここには、製品とその特性、取扱説明やマニュアル、エラーメッセージのほか、ガラスセラミッククックトップと表面に関連する他の多くのトピックに関する、役立つヒントと回答が含まれています。
Aluminum foil burned onto a glass-ceramic cooking surface
Lime stains burned onto a glass-ceramic cooking surface
Conchoidal fractures caused by sugar burned onto a glass-ceramic cooking surface

このような稀なケースでは。

可能性は低いですが、CERAN®ガラスセラミックコンロは意図したとおりに機能しない場合があります。 この場合、最初の連絡窓口は、コンロや調理器具の製造元になります。この重要なコンポーネントを器具を取り付けたのがメーカーだからです。 また、操作手順やマニュアルなどのクックトップに関する実用的な情報をメーカーから入手し、機器関連のエラーメッセージが表示された場合に適切なサポートを受けることができます。 当社の製品についてもご質問や一般的なご提案がございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。アドバイス、支援、情報をご提供いたします。

Two women and a man are being informed about vitroceramic cooktops from SCHOTT CERAN® at an event.

CERAN®とガラスセラミックについて。

CERAN®はSCHOTT AGのブランドで、ガラスセラミックの世界で非常に定評があります。
CERAN®はSCHOTT AGの登録商標です 品質と機能性、技術とデザインの革新性、社会的責任、サステナビリティという特別な価値観を表しています。
 
CERAN®は、1971年にSCHOTTが開発した材料のブランド名です。 ガラスの美しさと、高い耐熱性と安定性を兼ね備えた素材。 珪砂は、ガラスセラミックの製造で最も重要な原料です。
熱膨張が非常に小さい(ゼロに近い)ため、非常に高い温度に耐えることができる材料であり、コンロの表面として最適です。 1971年にSCHOTTが開発した材料のブランド名はCERAN®です。
SCHOTT CERAN®クッキングサーフェイスは、特許取得済みのガラスセラミックで構成されています 。ガラスの美観と優れた熱耐性および安定性を兼ね備えた素材です。 珪砂は、ガラスセラミックの製造で最も重要な原料です。 これはほぼ無限に利用できます。 このいわゆるセラミック化プロセス により、最終的ににガラスがガラスセラミックに変換されます。
SCHOTT CERAN®を発明したのは: 1971年。
ガラスセラミックを利用した、ラジエントヒーター、ガス、インダクションのクックトップ。 SCHOTT CERAN®は最高品質を保証します。

ラジエント、ガス、ガラスセラミック表面による誘導加熱を動力源とするクックトップ。 CERAN®ブランド名は、ガラスセラミック製のクックトップに使用されるすべての言語で確立されています。 CERAN®はSCHOTTにより確率・保護された商標です。

CERAN®はSCHOTT AGのガラスセラミック製クックトップのブランド名です。 これはラジエントヒーター、ガス、インダクションなどのすべての加熱技術と組み合わせることができます。
SCHOTT CERAN®は、世界初の環境にやさしい方法で製造されたブラックガラスセラミックです 。毒性の重金属ヒ素やアンチモンを生産工程に使用していません。 これは、特別に開発された溶解技術によって可能になりました。 これにより、自然の状態と同じ方法で人々の健康を守ります。 SCHOTT CERAN®ガラスセラミックはまた完全にリサイクル可能です。
SCHOTT CERAN®は非常に弾力性があります。日常的なキッチンライフにおける通常の熱的・物理的ストレスは、ガラスセラミック製クックトップパネルの安定性に影響を与えません。

SCHOTT CERAN®は特に温度安定性に優れているため、マイナス温度からプラス700°Cまでの範囲で急激な熱衝撃にも耐えることができます。

SCHOTT CERAN®はエネルギー効率に優れています。調理面の厚さはわずか4 mmで、熱透過性に優れています。 加熱エネルギーはほとんど熱損失を伴わずに調理器具に到達します。 また、側面での熱の漏れも比較的少ない(低熱伝達)。

SCHOTT CERAN®は安全です。横方向の熱伝導が低いため、調理ゾーンのみが高温になり、残りの表面は比較的低温のままです。
 

テクノロジー

これはあなた個人の希望がどうかによります。 SCHOTT CERAN®は、ラジエントからガス、インダクションまで、あらゆる加熱技術に適しています。 SCHOTT CERAN®がキッチン家電に取り付けられている限り、最高の品質と耐久性が保証されます。
調理機器のメーカー。
自律型クックトップはオーブンから取り外され、多くの場合、オーブンはクックトップの下に設置されます。 自己完結型のクックトップは独自の電源とコントロールを備えています。

機能は選択した加熱システムによって異なります:

  • ラジエントヒーティング: SCHOTTが開発したガラスセラミックパネルは、ラジエーターによって生成された熱を調理面の下から調理器具の底に伝達します。 材料の厚さはわずか数ミリなので、熱伝達は特に効率的です。
  • インダクション: 調理面の下、電流が流れるコイルが電磁場を発生させます。 これにより、渦電流がガラスセラミックを通って強磁性材料で作られた特別な調理器具に流れ、鍋の金属を加熱します。 鍋はその後、熱を食品に伝えます。
  • ガス: ガラスセラミックパネルの上にあるバーナーが五徳の上に置かれた鍋を加熱します。

ガラスセラミックの滑らかな表面により、特に清掃が簡単です。 クックトップの操作も重要です。

ガラスセラミックの透明性とその電気的特性により、最先端のクックトップでディスプレイとタッチスイッチ(タッチコントロール)を使用することができます。 モダンなキッチンに最適です。

 

加熱の種類(電気、ガス、インダクション)。

SCHOTTCERAN®は、すべての一般的な加熱技術 と組み合わせることができます。ラジエント、IH、またはガスコンロを選択するかどうかは、好みと予算の問題です。 対応する接続が利用できる場合、キッチンでさまざまな加熱技術を問題なく組み合わせることができます。
電磁超機器では、磁気鍋またはフライパンの底に熱が発生します。 クックトップ表面自体は比較的冷たく、赤く熱いクッキングゾーンはありません。 技術原理: クックトップの下で電流が流れるコイルが電磁場を発生させる。 これにより、強磁性体で作られた特殊な調理器具の底に渦電流が流れ、鍋の金属が加熱されます。 鍋が熱を食材に伝えます。 鍋なしではガラスセラミッククックトップパネルに何も起こりません。 クッキングゾーンの上に鍋を置くと、食材や調理プロセスに応じて鍋の下で最高350 ℃の温度を達成できます。 鍋の空焚きなどのような不適切な操作の場合、500°Cを超える非常に高い温度になることがあります。
一般的に、電磁調理器は非常にすばやくオンとオフが切り替わります。 沸騰時間は特に短く、反応時間は非常に早く、熱は鍋に直接伝わるため非常に正確に供給できます。 鍋を調理面から外すと、熱の供給がすぐに止まります。これは安全なだけでなく、エネルギーを大幅に節約します。 SCHOTT CERAN®クックトップを使用して、インダクションクックトップを便利に掃除 することもできます。 適度に加熱されたガラスセラミック表面のおかげで、食品の残留物が焦げる傾向が少なくなります。

CERAN®で調理します。

これは調理技術によって異なります。 SCHOTT CERAN®はキッチンの温度差に難なく耐えます。 700°Cまでの温度は問題ありません
いいえ。加熱エレメントの上の部分である、調理ゾーンのみが加熱されます。 周辺部、作業面、調度品は比較的冷たく維持されます。 ただし、以下のような多くの変数もあります。 特定の温度は、使用しているクックトップ、調理時間、設定した温度、使用している調理器具によって異なります。 鍋とフライパンは、それぞれの調理ゾーンの直径にできる限り正確に対応している必要があります。 調理ゾーンの真ん中に置きます。IHクックトップ

を使用すると、鍋の底でのみ熱が発生します。 鍋またはフライパンを取り外すと、すぐに発熱が止まります。 クックトップの下面は比較的冷たくなっています。 ただし、鍋底では、食材や調理プロセスに応じて最高350 ℃の温度に達することがあります。 鍋の空だき(うっかりミス)などの不適切な 
操作をした場合、500°Cを超えるような非常に高い温度に達することがあります。
 
余熱インジケーターは高温の調理ゾーンを示します。 これにより、一方で火傷を防ぎ、またエネルギーを節約することができ、ラジエント調理ゾーンに残っている熱を完全に利用して低温で調理を続けることができます。
適切な調理器具があれば、実際にはこれは起こりません。 温度リミッターは、特定の温度を超えるとすぐに加熱素子を自動的にオフにします。 ただし、最終温度設定はコンロの製造元が行います。
鍋底で熱が直接かつ迅速に発生するため、食材が焦げ付きやすくなります。 磁化可能な(磁石が付く)鍋底のみ使用できます。 鍋が調理ゾーンから取り外されると、ガラスセラミックの低温によって火傷のリスクが大幅に減りますが、それでもまだ高い温度のままです。 調理器具がクックトップから取り外されるとすぐに、熱生成が中断されます。
ガラスセラミッククックトップパネルでは、通常、ガラスセラミック製ではない従来のクックトップ(多く流通しているクックトップ)よりも調理時間が短くなります。 使用される加熱技術に大きく依存します。 ただし、ゆで時間は調理器具の種類によっても決まります。 当社の推奨: 適切な厚さ の
スチールエナメルまたはステンレス製の鍋 使用してください。 ラジエントヒーターの場合、熱くなった時に鍋の底が平らになるように特別な注意を払う必要があります。
 
ほとんどのクックトップに組み込まれている余熱インジケーターは、調理面がぬるま湯程度に冷えるまで点灯します。 ご注意: ガスコンロでは、調理時間によって鍋のアタッチメント/五徳が非常に高温になります。
ガラスセラミックが覆われてしまうと温度センサーも覆われるため、このようなよくある保護クロスは使用しないことを強くお勧めします。 その場合、温度センサが負荷温度を正しく測定できなくなり、クックトップが過熱する危険性があります。

破損した場合。

極めて稀ですが、このような事態が発生した場合は、すぐにメーカーのカスタマーサービス部門または専門店にお問い合わせください。 当社は部品メーカーとして、ガラスセラミック製のクックトップパネルの製造と納入のみを担当しています。 クックトップをコンロに設置したら、メーカーの責任となります。 注意: 修理が完了するまでは、絶対にクックトップを使用しないでください!

クリーニングとお手入れ。

クックトップパネル上のひどい汚れや食材が焦げ付いた場合は、適切な金属製のクリーニングスクレーパーで取り除きます。 その後、清潔なふきんを使用して、冷めた状態のクッキング面に適切な洗剤を数滴こすります。 その後、濡れた布で拭いて乾かします。 ヒントとお手入れでさらにヒントを見つけることもできます。
キズを磨いて落そうとしないでください。 最悪の場合、さらに目立つようになります。 ますはキズをつけないようにしてください。
主な原因は2つあります。 一方、塩や砂の粒は、例えば、レタスを洗う際にガラスセラミック表面にくっつくことがあり、鍋がその上を移動するとすぐにキズを引き起こすことがあります。 また、クリーニングに誤って使用された研磨スポンジはキズを残す可能性があります。
インダクションクックトップでは、調理面自体が比較的冷たいままなので、吹きこぼれた食材がその上でそれほど焦げ付きません。 キッチンタオルで汚れを拭き取るだけで十分です。

SCHOTT CERAN®ガラスセラミッククックトップパネルは、調理で使用した後、すぐにお手入れするのが理想的です。 以下の手順を推奨します。

まず、適切な金属スクレーパーで汚れを落とします。

次に、清潔な布を使用して、冷めた調理面に適切な洗剤を数滴垂らしこすり ます。

最後に、濡れた布でSCHOTT CERAN®ガラスセラミック調理面を拭いて乾かします。

 
いいえ。すべてのデコレーションカラーはSCHOTT CERAN®調理面向けに特別に開発され、耐熱性と密着性を試験済みです。 適切に使用され、手入れされていれば、今後何年にもわたって新品のように見えます。
いいえ。すべてのデコレーションカラーはSCHOTT CERAN®調理面向けに特別に開発され、耐熱性と密着性を試験済みです。 適切に使用され、手入れされていれば、今後何年にもわたって新品のように見えます。
研磨スポンジ、研磨剤、またはオーブンスプレーや染み抜き剤などの強力な洗浄剤は絶対に使用しないでください。

残留物を避けてください。

ミルクが沸騰したら、まずはすぐに鍋を平らなガラスセラミックの上に置きます。 その後、適切なクリーニングスクレーパーを使用して、焦げた残留物をまだ熱い調理ゾーンから直接取り除くことができます。 調理面が冷えたら、適切なクリーナーを使用し、濡れた布、乾いた布で拭いてきれいにすることができます。 ヒントとお手入れでさらにヒントを見つけることもできます。
プラスチックやアルミニウムが高温の SCHOTT CERAN®クックトップ調理面で誤って溶けた場合は、適切なクリーニングスクレーパーを使用してすぐに高温の調理ゾーンから押し出す必要があります。 融解したものが表面上で冷却されると、除去するのが困難または不可能になり、最悪の場合では、小さな表面欠陥、いわゆるチッピングの形でガラスセラミックに損傷を与える可能性があります。
砂糖は、適切な金属製クリーニング用スクレーパーを使用して、ガラスセラミック製のクックトップから即座に除去する必要があります。 理由は次のとおりです。 ホットシュガーはカラメル化し、冷えてから除去すると小さな表面の欠陥、いわゆるチッピングが発生する可能性があります。

見た目の異常。

適切でないクリーナーでガラスセラミック製の調理面を掃除すると、調理面にキラキラした虹色模様が現れる場合があります。 SCHOTT CERAN®に適したケア製品を使用して、これらをできるだけ早く除去してください。 ヒントとお手入れでさらにヒントを見つけることもできます。
一部のなべ底の素材によって、調理後に光沢のある金属のシミを残します。 SCHOTT CERAN®に適した洗浄剤を使用して、これらを直ちに除去してください。 ヒントとお手入れでさらにヒントを見つけることもできます。
ガラスセラミッククックトップの調理面には、常に乾燥した鍋のみを置いてください。 水垢の染みが発生した場合でも、通常、適切な洗浄剤で取り除くことができます。 ヒントとお手入れでさらに秘訣を見つけることもできます。

クックウェア

いいえ。平らな表面のおかげで、すべての鍋とフライパンは傾斜が防止されます。 ただし、鍋の直径は調理ゾーンの直径に対応している必要があります。 これによりエネルギーが節約されます。 ガスバーナー周辺のポットアタッチメント/ホルダーは、鍋がガスコンロに転倒するのを防ぎます。
清潔で乾燥したなべ底では、調理面に粘着性の残留物が焼きません。これにより、キズや水垢の跡などの付着を防ぐことができます。 しかし、鍋を置く前に、調理面自体も清潔でなければなりません。 例えば、レタスを洗っているときに目の細かい砂粒が調理面に付着すると、見た目を悪くするキズがつくことがあります。 また、調理中は鍋を持ち上げ、クックトップ面で引っ張らないでください。

SCHOTT CERAN Miradur®

1日の終わりには、コンロ調理面は次の使用に備えた状態になりますが、それはいつも同じであるとは限りません。 そこで、キズ感度が大幅に低いガラスセラミック、SCHOTT CERAN Miradur®を開発しました。 このようにして、調理に集中することができ、最初の日と同じように長い期間にわたってコンロ調理面を楽しむことができます。

Miradur®は、それが何か直接認識する必要があります: SCHOTT CERAN®の世界を大幅に拡大および最適化する、独自の新製品。 新しいロゴは、当社のガラスセラミックの革新的な特性を強調しています。 この名前は、世界中の多くの国でブランド名として登録されています。
これよりも優れたものまた最いものはありません。 Miradur®は、SCHOTT CERAN®の世界に論理的な付加価値をもたらします。ユニークでありながら、いつまでも記憶に残る外観を大切にするすべての人のための製品です。
Miradur®では、設計ガイドラインに準拠している限り、設計と形状の面ですべてが考えられます。 最終的に、家電メーカーは自社の店舗で販売するモデルを決定します。 新しい調理面の美しさは、キッチンのハロゲン照明とLED照明によって最もよく示されます。
要するに、 何にでも。 インダクション、ラジエント、ガスのいずれも。
Miradur®ガラスセラミッククックトップパネルは、このページ で推奨されている洗剤と方法でお手入れできます。
いいえ。このコーティングは、ガラスセラミックの調理面にも適用され、表面のキズに対する耐性を大幅に改善し、最適化します。 通常の状況では何も起こりません。 ただし、たとえば、非常に重い鍋の下にある非常に鋭利な砂粒は、キズを引き起こす可能性があります。

損傷および保証。

通常、ガラスセラミック製のクックトップパネルは交換可能です。 ただし、SCHOTT CERAN®製品は家庭電化製品のコンポーネントとしてのみ製造されており、そのようなメーカーにのみ提供されていることを知っておく必要があります。 エンドユーザーはSCHOTT CERAN®クックトップを直接購入できません。 そのため、欠陥が生じたクックトップパネルを交換する顧客サービスはありません。 各家庭用電化製品メーカーが、苦情または交換の責任を負います。 連絡先の詳細は、購入文書、取扱説明書、またはマニュアルに記載されています。
この場合も家電メーカーのカスタマサービス部門に問い合わせる必要があります。 発熱体やフレームはSCHOTTによって製造されたコンポーネントではありません。そのため、保証を提供することはできません。
SCHOTTは、CERAN®ガラスセラミッククックトップパネルを家電メーカーに部品として提供しているため、エンドユーザーに対する保証は一切行っておりません。 この場合、取り扱いは各家電メーカーのカスタマーサービス部門が行います。

キズ、跡、メンテナンス。

SCHOTT CERAN®は非常に耐久性の高い素材です。 安定性はガラスセラミックの表面のキズに影響されません。

キズは決していいものではありません。 しかし残念ながら、時々発生します。 ガラスセラミック製のクックトップパネルの安定性に影響を与えないことが重要です。 後で後悔するのではなく、キズを防ぐために事前にすべてのことを行うことをお勧めします。

  • SCHOTTの承認シールがついたケア製品および器具をご使用してください。
  • スクレーパーを使用するときは、ブレードに損傷がないことを常に確認してください。

重要: 汚れた野菜や袋がコンロに置かれることで、砂などのミネラル粒子がガラスセラミックの調理面に接触しないようにする必要があります。

 
スクレーパーと適切な交換用ブレードは、販売店から購入できます。 ほとんどのスーパーとドラッグストアには、これらが揃っています。 プラスチック部品は間違って高温のクックトップに使用すると溶けることがあるため、購入する際は、クリーニングスクレーパーが金属製であることを確認してください。

「跡」は多くの場合、不適切で強力な洗浄剤によって引き起こされる摩耗の兆候であることがよくあります。 これには、研磨クリーム、オーブンスプレー、または硬いスポンジが含まれます。 したがって、適切なお手入れとクリーニング用具に注意してください。これらの「シミ」は除去できません。

特に、アルミニウム製または銅製のなべ底は、光沢のある金属のシミが残ることがあります。 これらは適切なケア製品を使用して直ちに取り除かなければなりません。 焼け付くと、ほとんど除去できなくなります。

 

クックウェアについて。

最適な調理結果を得るには、厚さ4~6 mmのサンドイッチ構造のなべ底を備えたステンレス製の調理器具か、厚さ2~3 mmのスチールエナメルでできた器具を使用します。 表面が滑らかな調理器具も重要です。

調理器具の底は清潔で乾いていて、エッジがざらざらしていない 状態にしてください。 鍋を調理面の上で動かさずに、持ち上げることをお勧めします。

特別なケース: インダクションクッキングは磁化可能な調理器具でのみ機能します。 調理器具が適切かどうかを素早くテストできます。 磁石を底にあてて、つくかどうかを確認します。

銅またはアルミの鍋は特に使用しないことをお勧めします。 これらは、取り除くのが難しい跡を残すことがあります。 ガラスセラミック製の調理器具もお勧めしません。 熱の伝導が低いためです。

 
Various ingredients and kitchen utensils are arranged on a SCHOTT CERAN® vitroceramic cooktop

その他のご質問やご提案はありますか?

このページでは、SCHOTT CERAN®ガラスセラミックについての情報をお届けします。ご質問にお答えします。 FAQのところで、特定の情報を検索することもできます。 ご質問やご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。できるだけ早く回答いたします。

お客様からのお問い合わせに対応する目的にのみ、お客様のデータを使用します。お客様の個人情報の処理についての詳細はこちらをご覧ください。

Close-up of two water drops on a dark vitroceramic cooktop
これが適切なクリーニング方法です。

SCHOTT CERAN®は、わずか数ステップでクリーニングできます。 また、ヒントやコツに従うことで、何年もの間クックトップを楽しむことができます。

SCHOTT CERAN Miradur® logo on the corner of a black vitroceramic cooking surface
詳細をご覧ください。

SCHOTT CERAN®には通常のガラスとは異なる多くの特性があります。 そのため、日常生活で非常に特別な相棒になります。